サぱ(SA・PA)を楽しむ前に…サービスエリアとパーキングエリアとは何か、ハイウェイオアシスとの違いを知っておくと、より一層サぱを楽しむことができます。

Q1. サービスエリアとパーキングエリアの違いとは。

A1. 高速道路上に、約15Kmごとに設置されている施設がパーキングエリア。

         約50Kmごとに設置されている施設がサービスエリアです。※北海道は約80km

パーキングエリアは駐車場に、トイレ、自販機、売店などの必要最低限なものを揃えた比較的小規模な休憩施設。

サービスエリアは、パーキングエリアの施設に加えて、フードコート、レストラン、総合案内所、ガソリンスタンドなどが揃った休憩施設です。


しかし最近では、NEXCO東日本のパサール、NEXCO中日本のネオパーサ(新東名高速道路)や、エクスパーサ、NEXCO西日本のパヴァリエのように、各社のブランド色やコンセプトを表現した施設が増えました。

施設内容も充実しており、一概に設置距離だけで、パーキングエリアか、サービスエリアかの違いを明確にすることはできないようです。

◆NEXCO東日本 

Pasar (パサール)   http://pasar.driveplaza.com/
・ドラマチックエリア  http://www.driveplaza.com/special/dramatic/

◇ NEXCO中日本 

・NEOPASA (ネオパーサ)   http://sapa.c-nexco.co.jp/brand/neopasa
・EXPASA (エクスパーサ)   http://sapa.c-nexco.co.jp/brand/expas

◆NEXCO西日本 

・パヴァリエ  http://www.wholdings.co.jp/renewal/pavarie_index.html
・アドヴァンストエリア  http://www.w-holdings.co.jp/renewal/advanced_index.html

・モテナス   http://www.w-holdings.co.jp/renewal/motenasu.html



Q2. 日本初のサービスエリアはどこ?

A2. 1963年にできた、名神高速道路 大津サービスエリアです。

当時のサービスエリアの基本スタイルは、レストラン、ガソリンスタンド、トイレでした。

また、ガソリンスタンドは、自動車修理所を備えていました。

名神高速道路ができた当初、当時の車が高速道路走行に対応していなかったため、車の故障事故が多かったのです。


Q3. 全国にあるサービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスの数はいくつ?

A3. 合わせて 872箇所 あります。 (2016年5月現在 日本サぱ協会調べ)


Q4.  ハイウェイオアシスとは?

A4.  サービスエリアやパーキングエリアではありません。

 

ハイウェイオアシスは、サービスエリアやパーキングエリアに間違われることが度々よくあります。

ハイウェイオアシスは、高速道路などの自動車専用道路と、一般道路に隣接しており、どちらからも利用可能な、高速道路会社以外の団体が運営する施設です。

日本サぱ協会ではサービスエリア、パーキングエリアおよびハイウェイオアシスの違いを明確にした上で、各施設それぞれの魅力について追求しています。

ハイウェイオアシスは2016年現在、全国に27カ所存在します。